ベテラン美容師がすすめる・40歳からの「似合う髪型」よりも「らしい髪型」

こんにちは、美容室LaLaです。
最近では、40歳からの大人女性の輝き・活躍が目覚ましく、
ますます大人世代の女性の生き方が注目され、楽しみな時代になりました。
その一方で、体調や体質の変化により何かとお悩みも多くなるタイミングでもあります。
髪・髪型もその一つ。
はじめてご来店される、40歳からの大人の女性に多くいただいている言葉があります。
「今まで似合っていた髪型、似合うと思っていた髪型にふと違和感を感じる」
「今の自分に似合う髪型がよくわからなくなってきた」
「自分に似合う髪型にしてほしい」
その気持ち、よ~くわかります。
見た目も心も変化している自分がいるのに、変わらない髪型にしている自分がいて、
変えたい自分がいるけどどうしたらよいのかわからない…
大丈夫ですよ!
髪が教えてくれる心のつぶやきを受け入れ、
覚悟を決めることで髪型が変わり、あなたが変わります。
40歳からの「あなたらしい似合う」はそこから始まります。
あなたらしさが溢れ出る髪型にするために大切なことをお伝えできたらと思います。

似合う髪型と、らしい髪型の違い?

髪型で大人の価値観を生みだすために大切な ”らしさ”
それは似合うを超えたあなただけのオリジナリティです。

似合う髪型とは

・髪質
・髪の量
・頭や顔の骨格
・お顔立ち
・全身のバランス
を見ながらその方のお悩みをカバーしていく。
そこには、
長さ別で”フェミニン”や”クール”などといった雰囲気もカット技法で加えていく。
それはそれで美容師としての力量が問われる”似合わせテクニック”です。
かつての私も”お客様の似合う”を追いかけていました。
しかし、それはあくまで最低限の似合わせなのです。
似合うは、見た目価値観
「似合うと思っていた髪型に、最近違和感を感じるようになってきた」
見た目の変化を少し感じ始める40代、
・白髪・パサつき・ボリュームといった髪のこと
・目じり・ほうれい線・頬・あごのラインといったお顔のこと
などなど…
こんなことが影響し、違和感に発展しやすくなります。

らしい髪型とは

素敵だなと思う、大人の女性と接する中で感じることがあります。
”らしさ”をまとっている方が多いということです。
何が違うんだろうかと、観察を続ける中で気づいたことがあります。
”こうであるべきといったような圧迫感のような鎧がない!”
”らしさ”がむき出しになっている。
今の自分を素直に受け止める勇気を持つと、外側にまとっていた鎧が脱げ、らしさが際立つのかもしれません。
まとっていたのは内側から出る”らしさ”だったのです。

らしいは、心の価値観

髪型で見た目の似合うはもちろん大切ですが、
心にマッチする”らしさ”を活かすことでより輝きます。


40歳からはそんなことも意識したいものです。
似合わせにガチガチになるよりも、多少のエイジングサイン、髪の悩みを受け入れ、
逆に活かし、大人だからこそののアンバランスさも合ってもよいのではないかと。
それが味となり、”っぽさ”となり、
何より大人の余裕を感じる抜け感にもなる。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
40歳からの髪型で大切な ”自分らしい似合う”。
それは、似合うを経験したからこそ目指したい境地ではないかなぁと思います。
そこには新しい自分との出逢いが待っていると思うとワクワクしますね!
私自身、一面的な美ではないその方の内側からあふれ出るような髪型をデザインしたいとということを思います ^^

maki

maki

hair stylist

表参道で美容歴26年。
青山の美容室ACQUAでトップスタイリストとして多方面で活躍。
独自のメソッドを携えて2018年青山に、隠れ家的個室美容室LaLa(ララ)をOPEN。
「髪型心理学を用いたカウンセリング」
「髪と頭皮の健康を守る日本一優しい薬剤処方」
「流行ではなく心にマッチするヘアスタイルづくり」
「ヘアケアとスタイリング方法を丁寧にコンサル」
は、揺らぐ大人世代に絶大なる信頼を得ている。
長く通い続けているお客様からは、「makiさんでないとお任せできない。」「一生お願いします。」と評判。

PAGE TOP
MENU
お問合せ・FAQ

TEL:03-5413-3530