矢印

美容師makiについて

私の自己紹介記事を開いてくださり、ありがとうございます(^^)

私に興味をもってくださったということは、髪について大人世代特有の悩みをお抱えかもしれませんね。不安や心配といったご様子で相談されることも多いのですが、
「ネガティブにならなくて大丈夫、上手く付き合っていきましょう」
と、まずはお伝えしたいです。

私は表参道で26年間、色んな髪の悩みや想いを伺い、時には学ばせていただきながら美容師を続けてまいりました。
一緒に素敵な歳の重ね方をしていけるよう、エスコートできたら嬉しく思います(^^)
そして、髪のことで少しネガティブになっている方に、元気になっていただきたいです。

この記事では、私に興味をもってくださった方に向けて、美容師makiがどんな人なのか書いてみようと思います。

「美容師として、こんな考えの人もいるんだ」と、知っていただけたら嬉しいです。

美容師になった理由

美容師になった理由は、学生の頃「自分の髪にコンプレックスがあった」「美容室という場所が大好きだった」ということが大きいです。

思春期の頃、自分の髪に対するコンプレックスがありました。
人より髪のボリュームが出すぎてしまい、頭が大きく見えるのが嫌で、毎日朝鏡の前で必死でおさえるようスタイリングしていました。

「何か可愛くならない・・・」それがコンプレックスに。
しかし、それと同時に「どうしたらもっと可愛くなるんだろう?」と、髪に対して興味をもつようになりました。

美容室に行くと、きれいになれる、髪を触られるのが気持ちいい、空間が好き、きれいになりにきている自分に気分が上がる・・・そんなことを感じ、単純に美容室が大好きでした。

自然と美容師さんに憧れて、「施術をする側になりたい!」と思うように。

純粋な「興味、好き」から始まった美容師人生です(^^)

心と身体が疲弊、薬剤アレルギーに

美容師資格を取得した後1店舗を経て、表参道で美容師を始めました。時代は美容師カリスマブームの真っただ中。その先駆けになった美容室で13年間働きました。

その時は忙しかったですが、ただただ一生懸命仕事をし、楽しかったです。
ですが、我を忘れるくらい仕事をしていた結果、「ずっと体調不良」という状態が続くように。

体調が悪いと、気持ちに余裕がなくなります。常にイライラし、怒りっぽく、おおらかでいれない私がいました。

「本当は、こんな自分でありたくないのに・・・」
そんなことを感じていました。

免疫力、体力が落ちていたこともあってか、遂に薬剤アレルギーの症状を発症するようにもなりました。
薬剤を触っただけで、手がかゆい・しびれる・湿疹が出るなどの症状が出るようになったのです。

薬剤アレルギーの症状が出たことで、「美容師として続けるのは厳しいかもしれない」という考えが頭をかすめるように・・・。
体調不良も含め、「このままではいけない」と感じ、根本的な体質改善に取り組み始めました。

本質的な美を考える美容師へ

そんな時、「本来もっている健康的な髪の毛の美しさを、根本から取り戻すこと・継続させること」が考えられた、ハーブマジックというケアヘア商品に出会いました。

そこから、私の美容師としてのスタイルが変わります。

ハーブマジックについてはこちらに詳しく書いたので、よかったらご覧ください。
いつまでも健康的で、綺麗な髪でありたい大人の女性へ【ハーブマジックのご紹介】

そこで、美容室で扱う薬剤は、お客様にとっても美容師にとっても、「もっと身体に優しいものにするべきなのでは?」と思うようになりました。

その場限りの対処美容ばかりではなく、根本的な「いくつになっても美しくあるための健康美」を考えた、薬剤の選定・美容施術にしていきたいと強く思いました。

40代からの健康美については、こちらの記事をご覧ください。
40代からの「健康美」

私自身も、白髪、パサつき、抜け毛などの症状がでるようになりました。そこで、薬剤や生活スタイルを調整したことで、髪が元気になっていった体感もあります。

本当にやりたかった美容師像に気づき、デザイン重視の美容室での経験も融合させた、自分らしい美容師としてのスタイルができました。
今では、そんな想いを込めてプライベートサロンを開いています。

表参道を選んでいる理由

私は26年間、表参道で施術を続けてまいりました。
今も表参道を選んでいるのには、様々な想いがあります。

モチベーションをあげてくれる街だから

私自身表参道という街に活かされ、力をもらっているなと感じています。

技術力はもちろん、お客様1人ひとりがほしいものをオーダーメイドできる場所にしたい。

そんな姿勢を持ち続けられるのは、表参道という街に背中を押してもらい、パフォーマンスを発揮させてもらえているからだと思っています。

美容室の激戦区・ファッションの聖地である、「厳しく、高いレベルが求められる」表参道で、自分を磨いてこれたことにとても感謝しています。

「変わるきっかけ」になりえる場所でありたいから

表参道の美容室というと、「敷居が高い、おしゃれな人しか行けない」と思われるかもしれませんね。ですが、そんなことなく、様々な人を受け入れてくれる場所です。

ぜひ、「こうじゃなきゃいけない」と決めずにお越しください。
「ハードルが高い、敷居が高い」と思っているなら、そんな方にこそ、「この街に何を感じるか?」という視点でぜひ来ていただきたいなと思います(^^)

LaLaでは、プロの技術で幅広い選択肢の中からその方に合うものをご提供できますので、ぜひ「自信がない、私なんて…」と思っている方にこそ来ていただきたいです。

素敵な自分に気づき、人生を踏み出す一歩に。
変わるきっかけに。

そんな場所であれたなら幸いです。

ご褒美時間になると嬉しいから

「LaLaに行く日はご褒美時間もとれて、楽しみ」
そのように楽しそうにされているお客様を見ていて、私も嬉しい気持ちになります。

表参道には素敵なお店がたくさんあります。カフェやレストランなどにも寄って、美容室に行くことを1つのイベントして楽しんでいる女性から、私も喜びをいただいています。

忙しい毎日を過ごす方にとって、ご褒美時間をとるきっかけにもなる街だと思います。
LaLaにいらっしゃったときは、ぜひ表参道という街を楽しんでいただきたいです。

道具や、施術へのこだわり

高いレベルで、ご要望にお応えできるようにと思っていますので、必然的に道具や施術にはこだわりをもっています。

たとえば、こんなことを行っています。

カラーを塗る「ハケ」は、地肌に触れたときに痛くなく、薬を塗るときに必要な量しかつかないものを。ドライヤーは、髪が痛まないものを。

薬剤を使う際は、できるだけ身体に刺激になる・負担になる成分を除去した状態に。ハサミは自分の手になじむ、手の負担を減らしてくれるオーダーメイド品を。シャンプーは、お客様のその日のコンディションに合わせて使う…など。

ヘアケアアイテムに関して、よりよいものを探し続けていますし、
施術の仕方に関しても常に学び、アップデートし続けています。

役に立てる、喜んでもらうということが好きで、今までもキャリアを積んできたのですが、もっと上手になりたいという気持ちでいます(^^)

幼い頃から髪のこと気にしていて、美容室に行くのが好きで・・・
やっぱり美容室という場が好きで、お客様がキレイに・魅力的になる姿をつくるのがとにかく好きなんです(^^)

美容室LaLaについて

最後に、美容師としての想いがつまったLaLaの特徴について、お伝えさせてください。

プロの技術と、健康・薬剤の配慮

激戦区、表参道で26年積んできたプロの技術があります。しかしそれ以上に大切にしている事は、お一人おひとりに寄り添いながら素敵を引き出し、ホリスティックであるということです。

いくつになっても、健康的に美しく、おしゃれに。
「予防美容」という視点をもって関わります。

また、私自身が薬剤アレルギーであり、薬剤の選定・身体への配慮を丁寧に行っています。何かお悩みのことがあれば、遠慮なくご相談ください(^^)

心と向き合う、独自カウンセリング

いろんな経験を重ねてきた40代にしかわからない、揺らぎ、気持ち、ちょっとしたニュアンスに寄り添う姿勢を大切にしてます。

独自のカウンセリング手法である「髪型心理学」を元に、髪のことだけでなく、お客様が今人生の中でどのようなタイミングで、どうなりたいか?というお話まで伺います。

ちょっとしたしぐさや言葉遣いからも聞き分けて、一人ひとりに合わせたご提案をいたします。

こんな場所でありたいです

  • 「こうあらなくては」と日々頑張っている方が、自分に戻れる場所
  • 「自信がない」方が、安心して一歩踏み出せる場所
  • 髪の変化を前向きに捉えられるようになる場所
  • 「自分の良さを引き出したい」にお応えする場所
  • 「薬剤・健康に配慮した上で、細やかな相談にのってほしい」にお応えする場所

「歳を重ねる事が美しい」
そんな生き方につながる場所になるといいなと思っています。

髪のお悩み、ケア方法など、あらゆるご相談をお受けできますので、お話をお聞かせください。
表参道美容室LaLa頭皮ケアの仕方

大人世代の髪のお悩みも、気兼ねなくご相談ください

ここまで、私について書かせていただきました。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

「目の前のお客様にとって、本質的にためになることを」

「頭皮と髪を育みながら、長い目で見て美しくあれるように」
そう考えて施術を行っています。

大人世代の髪のお悩みを抱えている方も、気兼ねなくご相談にいらしてくださいね(^^)

—–

「話には共感するけど、遠くに住んでいてなかなか行くのは難しい・・・」という方もいらっしゃるかもしれません。

今後、考え方をお伝えする活動も行っていきたいと思っています。
「髪の悩みについて、どう向き合っていけばいいのだろう?」と思っている方は、よろしければインスタグラムの発信も併せてご覧くださいませ。
Instagram

考え方のヒントになれば幸いです(^^)