矢印

白髪が出始めた、どうしよう…という方へ

「白髪を見つけた、どうしよう!染めた方がいいの?抜いていいのかな?」
「もう、明るく染めることはできないの?おしゃれはできない?」

これから白髪をどうすればいいか・・・悩みますよね。
大人世代の方の髪のお悩みで最も多いのが「白髪」です(;^_^)

ちなみに美容室LaLaでのアンケートでも一番多いお悩みになります。

ここでは白髪に関してや、ケア方法など、お伝えさせていただきたいなと思います。

それだけでなく、「末永く健康で、美しくある」ことにも配慮してお伝えしていきたいと考えています。

80歳90歳になっても、髪も肌もつやつや、健康的であってほしい。
私は、ここを目指しています(^^)

ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです(^^)

白髪が出始めたらおしゃれカラーはできないの?抜いていい?

まずは、「もうおしゃれできないの?」「白髪は抜いていいの?」というご質問にお答えしていこうと思います。

白髪があっても、おしゃれはできます

「おしゃれカラーはできないの?暗くしないといけないの?」というご質問に対する答えは、「おしゃれカラーはできます!」です。

ただ、ご自身でやみくもに染めるのはおすすめできず、美容室で行うケアが重要と考えています。肌に合わない薬剤を使用すると、頭皮が炎症を起こし、白髪を増やす原因にもなりかねません。市販のものだと、刺激の強いものも多いのが現状です。

白髪をこれ以上増やさないためにも、頭皮への優しさや健康面も考えてくれる美容師に、ご相談されることをおすすめします。

今の美容室には様々な技術があります。先ずは美容師さんに「どうしたいか?どうしていきたいか?」ということを、率直に相談してみてください。
そうすることであなたに合う白髪との付き合い方が必ず見つかります。
不安なく白髪もきれいにカバーできるし、おしゃれもできますよ!

LaLaでは、頭皮と髪をケアしながら染める白髪染めがあります。白髪染めとも捉えてほしくないほど、きれいに色合いを整えてくれますし、おしゃれにも仕上がります。他にもマニュキア、自然なハイライトカラーなど方法があります。遠慮なくご相談いただけたらと思っております。

白髪は抜かずに、美容室に相談しましょう

白髪を抜きたい気持ちはよーくわかるのですが、抜くと改善しにくくなるので、将来のこともしっかり考えてくれる美容室に相談しに行くようにしましょう。

白髪を抜いて、「白髪が(一時的に)なくなった!」という喜びも束の間、その部分に血流不全を起こしていることが多いため悪化しやすくなります。
「最初に生えた白髪(ファーストグレーヘアー)の位置」は今後のケアを考えるために重要な要素なので、正確な位置を知るためにも抜かずに来ていただく方が助かります。

抜くよりは、そのまま美容室に行き、今後どのようにケアを進めていくか相談されることをおすすめします。もし我慢できないようでしたら、抜かずに根本付近からハサミでカットしてあげてくださいね。(^^)

そもそも、白髪になる理由

ここからは、白髪への対処法を網羅的にお伝えしていこうと思います。まずは、「白髪になる理由」をお伝えしていきます。

「白髪は歳のせい」と思っている方も多いですが、それだけではないです。今から取り組むことで、改善・予防できることもあります。

白髪の原因になりやすいこと

  • 体調不良
  • 精神的ストレス
  • アレルギー
  • 睡眠の不調
  • 女性ホルモンのバランス
  • バランスの悪い食事
  • 頭皮のコンディション
  • 遺伝

これらが、原因になりやすいと言われています。

加齢よりも老化が原因?

白髪と聞くと、「歳をとったことが原因」と思う方も多いと思いますが、どちらかというと「加齢よりも老化」と考えています。

『加齢』は生まれてから死ぬまでの時間経過に対し、
『老化』はすべての人に起こる生理機能の低下となります。老化進行は生活環境要因や遺伝的要因が複雑に絡み合って影響します。身近な老化要因(刺激)を予防し、その速度を「いかに緩やかにできるか」予防美容が重要なポイントとなります。

そこで健康であること、身体を大切にすることが、髪にとっても重要になるわけです。(^^)

白髪が出始めた方に伝えたい、「気持ちと健康」

白髪への対処法をお伝えする前に、白髪に対する気持ちの持ちようや、健康状態がどのように髪に影響するかをお伝えしたいと思います。

長い目で見たときに、ここがかなり重要だと考えています。ぜひご覧ください。

ネガティブに捉えすぎない

白髪を見つけるたびに、「また生えてきた・・・」とどうしてもネガティブに捉えがちになりますよね。実はそんな気持ちの落ち込みも白髪が増える原因にもなったりするのです。

ネガティブな考えは、東洋医学で言う「気」が落ちることになり、血のめぐりにも影響します。血の巡りは実は髪、白髪と密接な関係があります。

そこで是非こんな風に捉えてもらえたらと…白髪をみつけたら、何かしら身体からのメッセージ・信号と思ってほしいのです。

皮膚や髪の毛というのは、身体全体の中で栄養が行き届く一番最後の場所です。つまり、コンディションの変化が真っ先に現れる場所でもあります。

髪の変化は、「心身の調子を教えてくれているのね。自分を労わろう!」と思えるきっかけになるものと捉えてほしいのです。そして予防美容・健康促進の意欲になるといいなと思います。(^^)

白髪とは、長い年月付き合っていくことになります。見つけるたびにネガティブにならないようにし出来るだけ前向きに付き合っていけるようにしたいものですね。

髪と健康の関係性

「髪は生命力」。髪が美しい方は健康な方が多いですし、健康な方は髪が美しい。それほど関係性が深く、如実に表れるところだと考えています。

白髪になってもつやつやふわふわな方は、健康な方が多いです。それは、頭皮や髪のケアだけの問題ではありません。

ご年配になってくると髪や皮膚が爪が弱りますが、まず命に関わるところに栄養が行くため、髪が元気でつやつやということは生命力にあふれているということです。

髪の状態を見て、「今、自分を大切にする生活を送れているだろうか?」「私のコンディション、少し弱ってる・・・?」など、自分の身体の状態に意識を向けるきっかけにしていただければと思います。

髪のケアも大切ですが、身体を整えることも重要であるということを、忘れないでほしいです。

ずっと続けてほしい白髪ケアまとめ

ここまでは、お悩みに対する回答や、捉え方についてお伝えしてきましたが、ここからは「白髪に対してできること」をまとめてお伝えしていきます。

  • 健康面も含めて、将来のことも考えてくれる美容師をみつける
  • 健康に気を遣う(睡眠・ストレスに関して)
  • バランスのよい食事を心がける
  • 血のめぐりをよくする(ストレッチ・運動)
  • 頭皮ケアを正しく行う(炎症させない・乾燥から守る)

将来のことも考えてくれる美容師をみつける

白髪との付き合いは、長期戦です。ケアや施術方法だけでなく、身体のこと・健康面まで配慮した提案をしてくれるような美容師をパートナーにもつとことで、白髪に対する付き合い方が変わります。

一人でケアを続けるのは大変ですし、健康面を考えないケアを続けると増える原因にもなります。

ぜひ、将来のことも長い目でしっかりと考えてくれる美容師を探してみてください。

健康:質の高い睡眠・ストレスからの解放

健康については今までも触れてきましたが、心身ともに疲れをためないことが重要です。

そのためにも、質の高い睡眠と、ストレスからの解放が大事です。
例えば、自分が心地よいと感じる枕や毛布の素材に変えるだけでも睡眠の質が変わってくるでしょうし、忙しい合間でも深呼吸をしたり背伸びをしたりするだけでもストレスが緩みます。

ちなみに私は鼻歌が多いです(笑)

食事:バランスのよい食事

バランスのよい食事が重要なので、改めて食生活を見直してみましょう。偏った食事は、健康にはもちろんのこと、髪にも影響をもたらします。

また、髪の健康には、「黒い食事」も効果的と言われています。わかめ、こんぶ、黒豆、ごま、黒米、黒酢などを摂取することもおすすめです。

いきなり全てを変えるのは大変なので、できることから少しずつ整えていけるといいですね。

血流をよくする:ストレッチ・運動

血流のよさも髪に影響します。日頃から軽い運動を習慣にしたり、ストレッチを行ったりしてみてください。

ちなみに私はヨガやストレッチポールを使ったストレッチをすることを習慣にしています。(^^)

頭の緊張を緩める頭皮のマッサージもおすすめです。シャンプーの時に頭皮を指の腹でもむように洗うことから始めてみるのが良いと思います。

その時、頭の下の方から上に向かって小さな円を描くように、ゆっくりと頭皮を動かしていくイメージです。頭頂部には筋肉がないので、頭のハチ下から行うと効果的です。

基礎代謝をあげること、血流をよくすることも意識出来るとよいですね。

頭皮ケア:炎症させない・乾燥から守る

頭皮ケアは、「炎症させない・乾燥から守る」ことが重要です。シャンプー時、熱いお湯でごしごし洗わず、「お顔と同じように、優しく扱う」ことが基本です。

その他にも、注意してほしいことや、今日から始められる頭皮ケア方法を、以下の記事にまとめましたので、合わせてご覧ください。
40代からの頭皮ケア、まとめて解説します!

白髪が出始めても、落ち込みすぎないで。前向きにケアを

白髪が出始めると、「どうしたらいいの?」と焦ってしまったり、「もうそんな歳なのか・・・」と落ち込んでしまったりするかもしれません。

ですが、ネガティブに捉えすぎず、「自分をより大切に扱う時期がきたんだな」と自分との付き合い方が変わるきっかけになるといいなと思います。(^^)

  • 健康面も考えてくれる美容師を味方につける
  • 日々のコンディションチェックで自分を大切に扱う
  • 自分に合う頭皮ケアで、より白髪予防する

 

80歳90歳になっても綺麗な髪で、健康的に美しく過ごせるよう、日々自分と丁寧にお付き合いできるとよいですね(^^)

矢印

TOPICS

LaLaからのお知らせやコラム記事など最新情報を